So-net無料ブログ作成

参院京都に河上衆院議員擁立=小沢氏主導で差し替え−民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は31日午後、京都市で記者会見し、夏の参院選京都選挙区の2人目の候補に、同党の河上満栄衆院議員=比例近畿ブロック=(38)を擁立すると発表した。同党は昨年の衆院選で、同ブロックの比例名簿登載者が全員当選しており、河上氏が辞職・失職した場合、公職選挙法の規定により、次期衆院選まで欠員となる。
 河上氏は衆院選に比例近畿ブロックから出馬し、初当選した。参院京都選挙区をめぐっては、府連が現職の福山哲郎外務副大臣に加え、同党衆院議員の女性秘書の擁立を決めたが、小沢氏が難色を示し、党本部主導で差し替えた。衆院の民主党会派は310議席あり、繰り上げ当選がなくても、国会運営に影響がないとの判断もあるとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
<覚せい剤>使用容疑で大阪市職員を逮捕(毎日新聞)
<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)

<皇后さま>旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)

 皇后さまは29日、東京都中央区の日本橋三越本店で開催中の「第23回旭出学園工芸展」に訪れた。同学園は幼児から成人までの知的障害者を対象に都内や静岡県などで教育や生産活動を行っている団体で、隔年で作品展を開いている。

 皇后さまは皇太子妃時代から同学園の活動などを視察してきた。この日も障害者が作り、展示・即売している焼き物や織物などを約30分間にわたって見て回り、鍋敷きやはし置きなど数点を自ら購入した。

「早く農地に戻していただきたい」輿石氏自宅敷地めぐり赤松農水相(産経新聞)
足利事件無罪、捜査幹部「使命果たせず無念」(読売新聞)
犬種の大半は中東起源=「秋田」は東アジアのオオカミから−国際チームがDNA解析(時事通信)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
黒澤財団 無断で「理事」記載、3監督が苦情(産経新聞)

菅家さんに無罪判決へ=足利事件再審、18年ぶり名誉回復−宇都宮地裁(時事通信)

 栃木県足利市で1990年、4歳の女児が殺害された足利事件で、殺人罪などで無期懲役が確定、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審判決公判が26日、宇都宮地裁で開かれる。佐藤正信裁判長は無罪を言い渡す。
 逮捕から18年3カ月余を経て名誉回復が実現する。検察側は判決後に上訴権の放棄を申し立て、無罪が確定する。
 判決公判では、冤罪(えんざい)を生んだ司法の責任や誤った有罪判決を出した原因にどう言及するか、謝罪の言葉があるかが注目された。
 再審公判は昨年10月から6回の審理を重ねた。佐藤裁判長は有罪判決の誤りを検討する証拠調べはできるとの方針を示し、菅家さんが「自白」する取り調べの録音テープの再生や事情聴取を担当した元検察官らの証人尋問を実施。検察側が有罪を立証せず無罪を求めた再審では、異例の展開となった。
 また、裁判長は菅家さんへの謝罪について、初公判で「判決の際に考えを示す」と述べていた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「足利事件」
「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件の再審判決
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降

公明・神崎元代表引退へ=衆院任期前に、坂口元厚労相も(時事通信)
<阿久根市>公共工事「不自然な入札」 反市長派が批判(毎日新聞)
亀井氏、「自主防衛力の強化を」(産経新聞)
<バイオ燃料>アオコから高効率抽出…従来の70倍に成功(毎日新聞)
「参院選控え団結大事」=生方氏解任撤回で−民主・小沢氏(時事通信)

全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)

 日本列島は、日本海西部にある低気圧が急速に発達する影響で、21日夕にかけ全国で非常に強い風が吹くと予想される。

 海や山は大荒れの天気になると見られ、暴風や高波が警戒される。

 気象庁は20日午後8時現在、宮城県東部、福島県浜通り、新潟県佐渡、富山県東部と西部の一部、静岡県伊豆地方の一部に暴風警報を発令している。

 21日にかけて予想される最大風速は北日本と東日本の海上で25メートル、陸上で23メートル。西日本では海上で23メートル、陸上で18メートル。また、予想される波の高さは北日本と東日本で6メートル、西日本で5メートルの見込み。

 低気圧や寒冷前線は21日に本州付近を通過する見込みで、通過後は日本付近に一時的に強い寒気が流れ込むと予想される。

 気象庁は激しい雨や落雷、竜巻などにも注意を呼び掛けている。

あかねだすき かぐわし 新茶 京都・木津川で初茶摘み(産経新聞)
<将棋>王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)
<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)
全身の動きと触覚を同時計測=世界初、衣類型の装置開発−東大(時事通信)
<歯周病>骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功(毎日新聞)

<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸(毎日新聞)

 「日本三名園」の一つとして知られる水戸市の偕楽園(同市常磐町)で、100種約3000本の梅が満開を迎えている。水戸地方気象台によると、16日午前10時すぎの気温は16.6度と例年より10度以上高く、多くの観光客でにぎわった。

【写真特集】春のきれいな草花を 毎日植物園

 「梅まつり」が始まってから初めて快晴の週末となった14日は、今年最高の8万2500人を記録。偕楽園公園センターは15日に満開を宣言しており、水戸観光協会は「20日からの3連休はこれ以上の来訪が期待できる」と話している。

 園の南側には、水戸藩開藩400年を記念して製作中の映画「桜田門外ノ変」の撮影用セットがあり、白砂と発泡スチロールで雪景色を演出。訪れた観梅客は、春らんまんの梅林と雪のコントラストを楽しんでいる。【橋口正】

【関連ニュース】
【特集】春はもうすぐ 全国のサクラ情報
【写真で見る】各地のさくら便り2010
【写真で見る】花見の今昔 飲めや歌えは連綿と
【鳩山首相は】太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔

日弁連 新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫(毎日新聞)
高校無償化、子ども手当の2法案、衆院通過へ(産経新聞)
キャバクラ労組が歌舞伎町デモを予定(スポーツ報知)
ホリプロ元契約社員逮捕=芸能人ブログ不正侵入容疑−445人分のIDなど流出(時事通信)
青森市発注工事で官製談合=前副市長が関与、改善要求へ−業者に課徴金3億・公取委(時事通信)

戦後最悪は昨年1〜3月期=年13.7%減に改定−内閣府(時事通信)

 内閣府は11日、過去の統計の改定に伴い、2009年1〜3月期の国内総生産(GDP)が実質で前期比3.6%減、年率換算で13.7%減と戦後最悪のマイナス成長を記録したと発表した。
 2月15日の09年10〜12月期GDP速報値の公表時点で戦後最悪は1974年1〜3月期の前期比3.4%減(年率13.1%減)だったが、08年秋のリーマン・ショック後の世界的な不況の影響を受けた09年1〜3月期がこれを下回った。戦後3番目は08年10〜12月期の前期比2.7%減(年率10.3%減)。 

【関連ニュース】
実質年3.8%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
GDP、実質年1.17%増=1〜3月期
実質年4.0%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10〜12月期

あなたはシェーバー派? カミソリ派? 使い分けて肌に優しく(産経新聞)
バイオコークスでエコな事業 植物性、CO2排出実質ゼロ(産経新聞)
<裁判員裁判>「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁(毎日新聞)
<ETC悪用>「反応しない。手動精算を」高速料金ごまかす(毎日新聞)
「不安あおった」統一教会に1億円超賠償命令(読売新聞)

大阪城公園の陥没事故 割れた排水管発見(産経新聞)

 大阪城公園(大阪市中央区)内の天守閣前広場で14日に発生した陥没事故で、陥没で開いた穴のそばに埋められた排水管が、割れていたことが15日、大阪市東部方面公園事務所の調査で分かった。公園事務所は、排水管から雨水が漏れて土が崩れたのが陥没の原因とみている。

 公園事務所によると、排水管は陶製で直径約20センチ。数十年前に、穴のすぐそばの地中約1メートルのところに埋設して以来、点検などはしていないという。

 原因調査のため、公園事務所が15日午前から穴の周辺を掘削したところ、割れた排水管が見つかった。

【関連記事】
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言
なぜ突然…大阪城公園で地面陥没、2メートル大の穴
明石砂浜陥没事故8年 遺族が現場で献花
大阪城外堀のベンチ陥没 石垣のすき間から土流出か
交差点で直径3メートルの陥没 京都市山科区
20年後、日本はありますか?

福島党首、自衛隊合憲認める(産経新聞)
輿石氏、農地の無断転用問題で「直せるものは直す」(産経新聞)
Microsoft 社内には 1 万人を超える iPhone ユーザーがいる
<水俣病>患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で(毎日新聞)
<雑記帳>豊後水道の魚は“億ション”暮らし 大分・津久見(毎日新聞)

普天間 日米事務レベル協議へ 陸上案で最終調整 社民説得狙いも(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上案などの具体化を検討するための日米外務・防衛事務レベル協議が発足する方向となった。日本側が米政府に要請し、近く協議が始まる見通し。政府はこの協議で、日米合意に基づく現行案を放棄し、シュワブ内陸部に1500メートル級滑走路を建設する「陸上案」を軸に米側の理解を求める構え。政府・与党内で他の案も浮上して議論が混乱しているため、日米協議で案を淘汰(とうた)し、「国外、県外」を強く主張する社民党などへの説得材料とする狙いもある。

                   ◇

 協議では、「陸上案」を軸に最終調整を進める。事務レベルで、滑走路の建設場所や長さ、騒音状況など、技術的な問題を具体的に検証する。

 政府・与党内では「陸上案」以外にも、シュワブ陸上部にヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設する案や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)と沖合の津堅島の間を埋め立てる案も浮上している。さらに、政府・与党の沖縄基地問題検討委員会の8日の会合で、社民党が米領グアム島など国外への全面移設案などを提示し、国民新党は陸上案に加えて米軍嘉手納基地統合案を示す運びだ。

 これを受けて、政府は日本側の案をひとつに絞り込まずに米側に複数案を正式に提示する構えだ。社民党や国民新党などの案を抱える中で、政府・与党内で議論を強引にまとめようとすれば、収拾がつかなくなる懸念があるからだ。

 政府としては、新たに発足する見通しの外務・防衛審議官クラスの事務レベル協議の中で、米側の意向を確認しながら、しだいに議論を集約したい考え。この協議内容を材料として、社民党などを説得する狙いもありそうだ。

 政府はこれらの対米協議と国内調整を並行して進め、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を5月に開催して最終決着を図る方針だ。

 ただ、米政府はシュワブ沿岸部に移設する現行案が「最善」との姿勢を崩していない。このため、陸上案に議論を集約していこうという日本側の思惑が成功するかどうかは不明だ。さらに、陸上案については地元・沖縄は反発を強めており、政府は平野博文官房長官が沖縄入りし、直接説明することも検討している。

【関連記事】
「普天間」重大局面なのに… 内輪もめで大荒れの社民
社民党と自衛隊 国民意識との乖離に唖然
普天間「5月未解決なら退陣を」 自民幹事長
普天間移設 前原国交相「首相は本気」 
「普天間」結論先送りは悪影響 米国務次官補
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

9・11陰謀説、民主の反米気質反映…米紙(読売新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(5)アメリカが変えた日本(産経新聞)
<新茶摘み>静岡・島田のハウス茶園で始まる(毎日新聞)
<チリ地震津波>三重県の漁業被害は2億4000万円強(毎日新聞)
豪警察SS船捜索 岡田外相「理解し、行動に移してくれた」(産経新聞)

<アカデミー賞>主演男優賞にジェフ・ブリッジスさん(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】第82回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の授賞式が7日夕(日本時間8日午前)、米ロサンゼルスのコダックシアターで行われた。

 助演男優賞には「イングロリアス・バスターズ」に出演したオーストリア人俳優のクリストフ・バルツさん(53)が選ばれた。第二次大戦中にフランスを支配したナチスの冷酷な大佐を演じた。

 長編アニメーション賞は、作品賞にもノミネートされている「カールじいさんの空飛ぶ家」が受賞した。

 助演女優賞には「プレシャス」のモニークさん(42)が選ばれた。暴力的な母親役を圧倒的な迫力で演じた。

 長編ドキュメンタリー賞は、日本のイルカ漁を告発した米映画「ザ・コーヴ」が受賞。環境保護団体が和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りした映像を使用した。「高濃度の水銀を含むイルカ肉をクジラ肉として販売している」などと、日本の捕鯨を批判。全米監督組合賞(ドキュメンタリー部門)に選ばれるなど、国際的に話題となっていた。

 主演男優賞は「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスさん。カントリー歌手を渋く演じ、歌も見事にこなした。

 今回は、ジェームズ・キャメロン監督が最新の映像技術を駆使して製作した3D映画「アバター」と、キャスリン・ビグロー監督がイラク戦争の爆弾処理班を描いた「ハート・ロッカー」が最多の9部門でノミネート。2人の監督は元夫婦で、その“対決”が関心を呼んでいた。

【関連ニュース】
アカデミー賞:助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん
アカデミー賞:長編アニメ賞に「カールじいさん」
米アカデミー賞:会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール
アカデミー賞:作品賞のノミネート倍増し10本に
アカデミー賞:クリストフ・バルツが助演男優賞 「イングロリアス・バスターズ」

時効撤廃法案、12日閣議決定へ=民主が了承(時事通信)
日本航空 女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航(毎日新聞)
“ご破算”の危機、イラクのナシリヤ油田開発 日本側、追加援助の可能性も(産経新聞)
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税−東京地裁(時事通信)
血液型は13種類以上…犬の献血、需要高まる(読売新聞)

路上に65歳男性、搬送先で死亡=ひき逃げか、車の部品も−東京(時事通信)

 7日午前5時50分ごろ、東京都日野市落川の路上に「寝込んでいる人がいる」と警視庁日野署百草園交番に届け出があった。警察官が駆け付けたところ、近くに住む無職相田栄一さん(65)が全身を強く打つなどして倒れており、病院に運ばれたが間もなく死亡した。
 現場に車の部品の一部が落ちていたほか、近所の住人が同5時半ごろ、ドンという衝撃音を聞いていることから、同署はひき逃げ事件とみて捜査している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
路上に横たわりひかれる=男性死亡、トラック逃走
同乗者2人、処分保留=危険運転致死、名古屋ひき逃げ
ひき逃げで46歳男を逮捕=高2男子死亡
ひき逃げか高2男子重体=頭から血、路上で倒れる

京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
ミス福分け娘「亀戸大根どうぞ」(産経新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)
<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)
<訃報>鈴木成文さん82歳=元神戸芸術工科大学長(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。